Victim of cyber bullying and electronic violence

有効成分と食べ物

今ではED治療薬として有名なバイアグラでありますが、実は最初からED治療に役に立つ薬として開発されていないのです。
バイアグラの有効成分はクエン酸シルデナフィルといい、もともとは狭心症への治療薬としてバイアグラは開発を行っていました。開発途中の段階で被験者に今のバイアグラの効果が体に表れたことによりED治療に役立つというのがわかりました。
狭心症のために開発を行っていたので、「ニトログリセリン」「硝酸イソソルビド」を治療などで使用されている人は決してバイアグラを使用しないでください。併用した場合、血圧が低くなり命の危険に及ぶ可能性があります。
他の有効成分では、シルデナフィルというものが入っており、この成分は食べ物の影響を受けやすいといわれています。
特に影響受けやすい食べ物は揚げ物類やラーメンに焼き肉などの脂分が多く含まれている食事をとるとバイアグラの効果は発揮しにくくなってしまいます。
もしこれらの様に脂分を多く含む食事をとってしまった場合は、2時間から3時間ほど間をあけてたとしても消化しきれず思った効果を発揮できない可能性があります。
なので、脂分がある食事を避けて、食後2時間ほど間を空けて服用するようにしてください。ですが、空腹時のほうがバイアグラの効果は大いに発揮します。
どうしても食事をとらなければならない場合は脂分の少ない食事を選んでください。そしてビールなどのアルコール飲料も控えてください。
バイアグラのデメリットは食事のタイミングなどを気にしなければならないところですが、これらに従う事で悩んでいた事が改善されるのでひとまず我慢して服用していきましょう。